空き家バンクって何? Akiya Bank

空き家バンクって何?

大自然と人々が融合し、「新たな力」が躍動するまち えびの ー南九州の交流拠点都市を目指してー

宮崎県えびの市は、宮崎、鹿児島、熊本3県の県境、南九州のほぼ中央(九州のオヘソ)に位置しており、本市から隣県主要都市まで約1時間、福岡市まで約2時間30分、鹿児島空港まで約40分でアクセスが可能です。このため、交通・経済・文化の交流拠点都市として発展が期待されています。
えびの市の最大の魅力は豊かな自然です。市の北部には九州山脈、南部には日本で最初に指定された国立公園であり、また、霧島ジオパークの一部でもあるえびの高原をはじめ、韓国岳などを含む霧島の山々が連なります。さらに市の中央部を美しい川内川が西に向かい流れています。このほかにも、田園風景、湧水池など自然の魅力は数多く、市内のあらゆる場所で四季折々の表情を楽しむことができます。
また、宮崎県内で最多の泉源数と歴史を誇る温泉郷「京町温泉」や、県内最古の温泉「吉田温泉」など、数多くの温泉施設があり、良質の湯に浸かることで心身ともに癒されます。

えびの市のプロフィール

えびの市のプロフィール

人口 19,035人(H29.06.1)
面積 283k㎡
人口密度 67人/k㎡

えびの市マップ

平均気温 16.7℃
平均降水量 3,435mm
平均年間
積雪日数
0日

えびの市平均気温

えびの市の産業

えびの市の産業

えびの市の基幹産業は農畜産業です。盆地特有の寒暖明白な内陸性気候を生かし、おいしい「えびの産米」の産地として広く県内外に知られています。 その中でも、えびの産ヒノヒカリは、日本穀物検定協会が発表した「平成27年産米の食味ランキング」で、宮崎県では初となる国内最上位「特A」を獲得し、さらに平成28年10月には、宮崎県のブランド米としても認定されました。 そのほかにも、近年は、さといも・ほうれん草などの露地野菜、ピーマン・イチゴなどの施設園芸も盛んになっています。また、全国和牛能力共進会(和牛オリンピック)において連続日本一に輝いた「宮崎牛」の一大産地でもあります。
えびの市は新規就農者を応援するため、新規就農に対する支援に力を入れています。

えびの市の暮らし

えびの市の暮らし

えびの高原やクルソン峡などで自然のすばらしさを満喫することや、泉質がそれぞれ異なる温泉でリラックスすることはもちろん、市内にある運動公園、体育館、野球場などの体育施設や文化センター、市民図書館、歴史民俗資料館などの文化施設を気軽に利用できます。また、年間を通して市内で開催される各種行事・イベントへの参加も魅力のひとつです。

えびの市移住サポート

えびの市移住サポート

えびの市では、「えびの市定住促進サイト」により空き家や空き地を紹介するほか、市内で住居を探す活動や地域情報を得るためにお試し滞在をする際の支援(市内の宿泊施設に宿泊した場合の宿泊料及びレンタカー借上料の一部助成)などを行っています。
詳しくは、TOPの【定住おやく立ち情報】をご覧下さい。

えびの市起業支援センター

【内容】起業希望者に対するオフィスの貸し出しや専門家等による総合的な創業・経営支援を実施しています。また、専門の相談員が常駐し、起業家の問題や悩みに即時対応可能です。
【問合せ先】センターの利用や、起業に関することなど、お気軽にお問合わせください。
専用サイト→ http://ebino-shien.com/

新規就農者定住促進事業

【内容】就農初期の生産基盤が不安定な新規就農者の経営安定を図るため、3年間を限度として補助金を交付します。
【補助金額】月額10万円(最長3年間)

就職支度支援金

【内容】保育士・看護師・介護福祉士の就職促進と定住促進を図るため、市内施設の就職内定者に対し、就職準備等の費用として支度金を支給します。
【支給金額】20万円

住宅取得定住促進支援金

【内容】住宅を新規取得(新築・購入)した場合に支援金を交付します。移住世帯・子育て世帯には加算金があります。
【支援金額】 経費の10% ※市内業者を利用して住宅を新築した場合又は市内業者から新規購入した場合(上限50万円)
※上記以外の場合(上限30万円)
【移住加算金】30万円
【子育て加算金】10万円/1人(上限20万円)

移住促進分譲地

【内容】本市への移住を希望される方が容易に住宅を建築できるよう、格安で分譲地を提供します。永住を前提として10年間の保証金が必要など、その他にも一定の条件があります。
【川原分譲地】※全10区画のうち、残り4区画
区画2 : 271.17㎡( 82.17坪) 130,000円
区画6 : 354.33㎡(107.37坪) 170,000円
区画7 : 291.99㎡( 88.48坪) 140,000円
区画8 : 583.81㎡(176.91坪) 910,000円

子ども医療費助成事業

【内容】中学校卒業まで、保険対象分の医療費について助成します。
(1)入院・薬局・・・無料 (2)外来等・・・3歳未満350円(1月につき)、3歳以上800円(1月につき)に軽減

第3子以降保育料無料化事業

【内容】子育て世帯の負担軽減を図るため、幼稚園及び保育所等に通う第3子以降の児童について保育料を無料にします。

病後児保育事業

【内容】児童の保護者の子育てと就労の両立を支援し、安心して産み育てる環境を整えるため、病気の回復期にあり集団保育が困難な子どもを、仕事を休めない保護者に代わって、保育士や看護師が保育所にて預かります。

えびの市移住・定住支援センター 住所:〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292
電話番号:0984-27-3242 FAX番号:0984-35-0401