支援制度一覧

SUPPORT 1

お試し滞在助成金

えびの市への移住を目的として住居又は仕事を探す活動等を行うため、市内の宿泊施設(旅館業法の営業許可の適用を受ける施設に限る。)に宿泊した場合の宿泊料及びレンタカー借上料の一部を助成します。

【助成金額】
  • ◎宿泊料:1泊宿泊料の1/2以内とし、最大10泊分までを助成(※当該年度3回まで申請できます。)
  • ※1泊あたり3千円を上限とする。
    ※同行者は1人分を助成する
  • ◎借上料:レンタ力一借上料の1/2以内を助成
  • ※上限を3万円とする。
【助成回数】
年度3回まで
SUPPORT 2

農家民泊

「農家民泊」とは、農家に泊まり農家のお父さんやお母さんと一緒に、農作業体験や田舎料理作りなどをまること体験できるものです。心と心の交流が生まれ、新しい”ふるさと”を感じてもらう、まさにこれが農家民泊の醍醐味です。素敵な出会いと喜びや感動が味わえる農家民泊にぜひご参加ください。

【農家民泊事務局】
  • ◎北きりしま田舎物語推進協議会 http://www.kitakirishima.com/
  • ※農家民泊の宿泊料についても上記の「お試し滞在助成金」がこ利用できます。
SUPPORT 1

空き家バンク制度

市内の空き家等の売却・賃賞を考えている所有者に、物件の登録をしていただき、その物件情報をインターネットを利用して紹介します。

また、空き家等の購入・借入を希望し、空き家バンク利用者として登録した方と空き家所有者との連絡調整を行います。

※交渉・契約についての仲介行為はできません。

SUPPORT 2

空き家バンク活動事業補助金

空き家バンクに賃貸を目的として登録している家屋について、市外在住者又は市外からの転入後1年未満の者との賃貸借契約(3親等以内の親族関係による賃貸借契約を除く。)が締結される見込みがあり、市内業者を利用して改修、清掃、家財道具等の廃棄等を行う場合にその経費の一部を補助します。

【補助金額】
経費の1/2(上限40万円)
※家主の承諾を得ていれば、借主も申請できます。
SUPPORT 3

空き家賃貸借契約支援事業補助金

空き家バンク登録者間で行う賃貸借契約(借主が市外からの転入の場合に限る)について、契約の安全上の確保のために市内の不動産業者に仲介を依頼した場合に、仲介手数料を補助します。

【補助金額】
仲介手数料相当額(上限5万円)
SUPPORT 4

新婚世帯家賃助成金

市内の民間賃貸住宅に居住する新婚世帯(婚姻日から1年以内の世帯)に対し、家賃の一部を助成します。

  • 【助成金額】実質家賃負担額(毎月の家賃から住宅手当を除いた額)の1/2以内(上限月額1万円)
  • ※夫婦とも市外からの転入の場合(上限月額1万4千円)
  • ※夫婦のいずれか一方が市外からの転入の場合(上眼月額1万2千円)
  • 【助成期間】最長36月間(3年間)
SUPPORT 5

住宅リフォーム促進事業補助金

令和3年度 前期分(5月)の交付申請受付は終了しました。後期分は9月です。


自己が所有し、居住する住宅を市内の施工業者を利用して改修工事を行う場合にその経費の一部を補助します。

  • 【補助金額】経費の20%(上限15万円)
SUPPORT 6

えびの市移住者住宅取得支援金

本市への移住者(転入から2年を経過していない者)が自己の居住を目的に住宅を取得(新築・新規購入)した場合に、経費の一部を住宅取得支援金として交付します。

また、中学生までの子どもがいる場合は、加算金があります。

【支援金額】経費の10%

※市内業者を利用して住宅を新築又は新規購入した場合(上限50万円)

※上記以外の場合(上限30万円)

【子育て加算金】10万円/1人(上限20万円)

SUPPORT 7

移住促進分譲地

本市への移住を希望される方が容易に住宅を建築できるよう、格安で分譲地を提供します。永住を前提として10年間の保証金が必要など、その他にも一定の条件があります。

【川原分譲地】※全10区画の内、残り1区画

  •  ・区画7 : 291.99㎡(88.48坪)14万円
SUPPORT 8

定住促進住宅

 

定住の促進と地域の活性化を図るため、定住促進住宅を設置しています。

  • 【構造】鉄筋コンクリート造5階建て(築40年)
  • 【間取り】3DK(和室6畳2部屋、4.5畳1部屋)
  • 【家賃】月額3万円(1,2,3階)・月額2万8千円(4階)・月額2万7千円(5階)
  • ※18歳未満の子どもを扶養している場合は、家賃の減頗があります。
  • 【共益金】月額2千円
  • 【駐車場使用料】月額1千円/1台
  • 【敷金】家賃の3か月分
SUPPORT 9

浄化槽設置整備事業補助金

水質汚濁を防止するため、住宅に浄化槽を設置する場合に補助金を交付します。

【補助金額】

①新設 ・22万2千円(5人槽)・27万6千円(7人槽)・33万6千円(10人槽)

②転換 ・43万2千円(5人槽)・51万4千円(7人槽)・64万8千円(10人槽)

※単独処理浄化槽からの転換:単独槽を撤去した場合は、別途9万円を加算します。

SUPPORT 10

林業担い手移住支援事業

林業の雇用対策として市内の4事業者(ひなたのチカラ林業経営者)に就労し始めてから2年以内の対象者に対して定住環境の改善、担い手の育成・確保を図る目的で賃貸助成をします。

助成金は林業事業体から対象者へ月払いとなります。上限4万5千円/月

SUPPORT 1

子ども医療費助成事業

中学校卒業まで、保険対象分の医療費について助成します。

【助成内容】※保険医療機関等及び被保険者ごと
①入院・薬局・・・無料

②外来等・・・・・3歳未満350円(1月につき)、3歳以上800円(1月につき)軽減

SUPPORT 2

第3子以降保育料無料化事業

子育て世帯の負担軽減を図るため、幼稚園及び保育所等に通う第3子以降の児童について保育料を無料にします。

SUPPORT 3

ファミリーサポートセンター事業

安心して子育てができる環境を整えるため、子育ての「手助けをしてほしい人」と「手助けができる人」が会員登録を行い、急用時に子どもを預かるなど、地域全体で子育て家庭を支援します。

SUPPORT 4

子育て支援センター事業

子育て家庭の交流を深める取組や育児不安等についての相談・援助など、地域の子育て家庭に対する育児支援を行います。

SUPPORT 5

乳児家庭全戸訪問事業

母子保健推進員や保健師等が、生後4か月を迎えるまでの乳児のいる家庭を訪問し、子育てに関する情報提供や育児に関する悩みの相談を受けます。

SUPPORT 6

放課後児童クラブ運営事業

保護者が就労などにより、昼間に家庭にいない小学生を対象に、授業終了後や土曜日等に放課後児童クラブで預かります。

  • 【費用】月額5千円(おやつ代を含む)/1人
  • 【保険料】年間800円/1人
SUPPORT 7

延長保育事業

育児と仕事の両立を支援するため、児童を保育時間(7:00~18:00)後も預かります。

SUPPORT 8

一時預かり事業

保護者の傷病、出産、冠婚葬祭など一時的な保育及び緊急時の保育が必要な場合に、保育所や認定こども園にて就学前の児童を預かります。

SUPPORT 9

病後児保育事業

児童の保護者の子育てと就労の両立を支援し、安心して産み育てる環境を整えるため、病気の回復期にあり集団保育が困難な子どもを、仕事を休めない保護者に代わって、保育士や看護師が保育所にて預かります。

SUPPORT 1

幼保小連携・接続推進事業

幼稚園・保育園の幼児が小学校の教育へ円滑に移行できるように、小学校入学前に幼児と小学生が交流を図る取組などを市内全小学校区で行います。

SUPPORT 2

30人学級実施事業

少人数指導による1人ひとりを大切にした教育に取組み、「徹底した学力向上」と「地域に貢献する人材の育成」を図るため、市内小中学校の全学年において30人学級編成(1クラスの児童生徒数が30人以内)を実施します。

SUPPORT 3

飯野高等学校支援事業

市内唯の県立高校である飯野高等学校を存続させるために以下の取組みを行います。

【支援内容】
  • ①成績優秀者に最長3年間給付型奨学金として月2万円を給付
  • ②通学困難な西諸管内及び西諸管外からの通学者に、3年間通学支援として月5千円を支給
  • ③週2日、希望者を対象に、放課後、外部講師による公営塾を開設
  • ④起業家育成プログラム事業として、講演会を開催

【入学者】平成31年度:83人 令和 2年度:79人 令和3年度:87人

SUPPORT 4

飯野高等学校生徒下宿等費用助成金

市内唯一の県立高等学校である飯野高校の存続及び地域の活性化に資することを目的とするとともに、飯野高校生の保護者の経済的負担の軽減を図るため、飯野高校に在学する生徒が西諸管内の下宿等に居住する場合に、下宿代等の一部を助成します。

【助成金額】下宿代又は家賃の1/2以内(上限 月額4万円)

SUPPORT 5

日章学園九州国際高等学校生徒寮費助成事業

市内にある私立高等学校である日章学園九州国際高校の存続及び地域の活性化に資することを目的とするとともに、日章学園九州国際高校生の保護者の経済的負担の軽減を図るため、日章学園九州国際高校に在学する生徒が校内の寮に入寮する場合に、寮費の一部を助成します。

【助成金額】寮費の1/2以内(上限 月額2万5千円)

SUPPORT 1

特定健康診査・特定保健指導実施事業

生活習慣を見直すための手段として、特定健康診査の受診を推進しており、健診の結果、メタボリックシンドローム該当者およびその予備群となった人や高血圧、糖尿病、脂質異常の人に対して、生活習慣の改善に向けたサポート(特定保健指導)を行います。

【特定健康診査及び特定保健指導の自己負担額】
無料(国民健康保険被保険者に限る)

SUPPORT 2

妊産婦・乳児健康診査実施事業

妊産婦の健康管理の充実、乳児の疾病などの早期発見と早期治療および経済的負担の軽減を図るため、健康診査に要する経費を市が負担します。

SUPPORT 3

新生児聴覚検査助成事業

聴覚障がい者を早期発見し、できるだけ早い段階で適切な支援および経済的負担の軽減を図るため、検査費用の一部を助成します。

【助成金額】上限5千円か2千5百円

※検査機器は実施医療機関で異なりますので、上限額は変動します。

【対象者】新生児

【助成回数】1人につき1回

SUPPORT 4

人間ドック・脳ドック補助事業

疾病などの早期発見、早期治療及び医療費抑制につなげ、市民の健康の保持増進を図るため、人間ドック(国民健康保険被保険者に限る)・脳ドックの検査に対して、助成します。

【助成金額】
  • ①人間ドック:2万5千円(40歳に達する人は検査費用全額助成)
  • ※年度内に35歳以上の年齢に達する人が対象
  • ②脳ドック:2万5千円(脳ドッグ単独受診の場合)
  • ※年度内に41歳・46歳・51歳・56歳・61歳の年齢に達する人が対象
SUPPORT 5

不妊治療費助成事業

経済的負担の軽減を図り、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりを推進するため、体外受精又は顕微授精による不妊治療を受ける夫婦に対し、助成金を給付します。
また、体外受精又は顕微授精による不妊治療の一環として行われる男性不妊治療に対し、助成金を給付します。

【助成金額】
①特定不妊治療:上限5万円/1回の治療
②男性不妊治療:上限2万5千円/1回の治療

SUPPORT 6

不育症治療費助成事業

経済的負担の軽減を図り、安心して子どもを生み育てることができる環境づくりを推進するため、妊娠はするけれども、流産や死産、新生児死亡などを繰り返している不育症の治療に対し、助成金を給付します。

【助成金額】上限4万円/1回の妊娠期間の治療

SUPPORT 7

妊産婦支援助成金

妊娠から出産にかかる経済的負担の軽減を図り、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりを推進することを目的として、妊産婦に対し助成金を交付します。

【助成金額】妊娠1回につき5万円

SUPPORT 1

起業支援センター

起業希望者や起業して間もない方に対するオフィスの貸し出しや、専門家等による総合的な創業・経営支援を実施します。
また、センターにはインターネット環境や共有スペースなど充実した空間があり、専門の相談員が常駐しますので、起業家や事業家の問題や悩みにも即時対応できます。

【所在地】〒889-4232 えびの市大字永山1182番地1
【電話番号】0984-27-3077
【E-mail】support@ebino-shien.com
【専用サイト】http://ebino-shien.com/

SUPPORT 2

新規就農者定住促進事業補助金

就農初期の生産基盤が不安定な新規就農者の経営安定を図るため、3年間を限度とし補助金を交付します。

【補助金額】月額10万円(最長3年間)

※農業後継者は除く。

SUPPORT 3

農業継承準備研修事業補助金

えびの市内で農業を経営することに意欲を有している方が、市内の既農業経営者から農業研修を受けた場合に補助金を交付します。

【補助金額】日額3千円(6ヶ月以上12ヶ月以内)

SUPPORT 4

保育士・幼稚園教諭就職支度金

保育士・幼稚園教諭の就職促進と定住促進を図るため、市内の保育所、幼稚園及び認定こども園への就職内定者に対し、就職準備等の費用として支度金を支給します。

【支給金額】20万円

SUPPORT 5

看護師就職支度支援金

看護師の就職促進を図るため、市内の医療機関、事業所、保育所等への就職内定者に対し、就職準備等の費用として支度金を支給します。

【支給金額】20万円

SUPPORT 6

介護福祉士就職支度支援金

介護福祉士の就職促進を図るため、市内の介護保険法に規定する介護サービス事業所及び老人福祉法に規定する老人福祉施設への就職内定者に対し、就職準備等の費用として支度金を支給します。

【支給金額】20万円

SUPPORT 7

幼児教育・保育人材確保推進事業補助金

市内の保育所、幼稚園及び認定こども園で働く保育士・幼稚園教諭に対し、指定保育士養成施設又は指定教育養成機関に入学するにあたり借り入れた奨学金の返還を補助します。

【補助金額】
月額1万2千円以内で年額14万4千円以内とし、5年総額で72万円を限度とする。
※返還金額(利子を含む。)が限度額を下回る場合は、その金額とする。

SUPPORT 8

看護師人材確保推進事業補助金

市内の医療機関、事業所、保育所等で働く看護師に対し、借り入れた奨学金の返還を補助します。また、市内の医療機関に勤務し、市外から通勤する小林西高等学校衛生看護科に在籍する生徒に対し、看護実習費を補助します。

【補助金額】
①奨学金返還補助:年額14万4千円以内とし、5年総額で72万円を限度とする。

※返還金額(利子を含む。)が限度額を下回る場合は、その金額とする。

②看護実習費補助:年額6万円を限度とする。

※看護実習費が限度額を下回る場合は、その金額とする。

SUPPORT 9

介護人材確保推進事業補助金

市内の介護保険法に規定する介護サービス事業所及び老人福祉法に規定する老人福祉施設で働く介護福祉士に対し、介護福祉士養成施設に入学する際に借り入れた奨学金の返還を補助します。

【補助金額】
年額14万4千円以内とし、5年総額で72万円を限度とする。

※返還金額(利子を含む。)が限度額を下回る場合は、その金額とする。

SUPPORT 10

若者定住促進奨学金返還補助金

若者の定住促進及び市内での就業を促進するため、大学等の卒業後にえびの市内に居住し、市内の事業所等への就職または起業した者に対し、大学等に進学する際に借り入れた奨学金の返還を補助します。

【補助金額】
年額14万4千円以内とし、5年総額で72万円を限度とする。

※返還金額(利子を含む。)が限度額を下回る場合は、その金額とする。
※他の奨学金返還補助事業との併用はできません。

SUPPORT 11

地方版ハローワーク事業

市役所内に無料職業紹介所を設置し、地元の求人企業と求職者のマッチングを図ります。

SUPPORT 12

移住支援金

えびの市への移住促進を図るため、宮崎県外から本市に移住し、県が運営するマッチングサイトに求人情報を掲載している中小企業等に就職した場合または地域の課題解決に資する事業を県内で起業し、県の企業支援金交付決定を受けた場合に、移住支援金を交付します。

また、県が運営するマッチングサイトに求人情報を掲載している県内の個人経営事業所等に就職した場合や、自営での農林漁業に就業した場合または地域コミュニティの維持に必要である事業を県内で起業した場合等も交付対象となります。

 

【支援金額】

2人以上の世帯の場合:100万円

単身世帯の場合:60万円

SUPPORT 13

建設産業技術者等資格取得支援事業

市内に本店のある建設業者等に所属する従業員等が、資格を取得するために補助対象者が負担する受験料等の経費の一部を助成します。

 

【補助金額】

補助対象額の1/2以内(1人当たり上限額2万5千円)

1事業者当たり1名(女性を含む場合は2名まで)

SUPPORT 1

タクシー利用料金助成事業

外出時の交通手段に不便を感じている人や、交通空白地に住んでいる人の移動支援として、タクシーの利用料金の一部を助成します。

【助成対象者】えびの市在住で、住民登録があり、市税等の滞納がない人で次のいずれかに該当する人
①65歳以上の人
②16歳から64歳の人で、運転免許証または自動車を持っていない人
【助成金額】
タクシー料金の約4割を助成します。ただし、助成額は1,500円が上限です。

SUPPORT 2

えびの市移住・定住支援センター

移住希望者に対して、住まい・空き家バンク・仕事・就農・移住に関する支援策など、本市で暮らすにあたり役立つ各種情報を集約し、本市で暮らす魅力や相談者のニーズに応じた情報をワンストップで提供するなど、きめ細かなサポートを行います。

【所在地】〒889-4292 えびの市大字栗下1292番地 えびの市役所3階
【電話番号】0984-27-3242
【E-mail】ebino-iju@aioros.ocn.ne.jp

SUPPORT 3

きゃんせ!えびの暮らし オーダーメイドツアー事業

 移住・定住支援センターの相談員が、相談者の希望を聞き取り、半日または1日のオーダーメイドツアープログラムを提案。無料で市内を案内します。

※交通費、宿泊費、飲食費、体験等に係る経費は、自己負担となります。(宿泊費、レンタカー費は、お試し滞在助成金との併用を勧める。)

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
当面の間、実施を見合わせております。ご了承ください。